氷室京介のLAST GIGS最終日に行ってきました!

2016年6月16日 / 未分類

2016/5/23(月) この日は氷室京介の最終ライブの日。
 
もちろん私も観にいきましたよ。ええ、会社を休んでね。
 
18:00開演なので16:00に東京ドームに行くと、すごい人の数。。
グッズ売り場は長蛇の列で、ライブTシャツは全てのサイズが完売。
 
そしていよいよライブが始まりました。
 
1曲目はBoowyのDreamin。
私は泣いてしまいました。
実は私は何回かヒムロックのライブに行ったことがあるのですが、
私が観に行った時だけBoowyの楽曲をやらなかったのです。
なので、Boowyの曲を生で聞くのはこれが初めて。
 
14歳で初めてBoowyを聞いて衝撃を受け、ギターを始めずっと憧れていたBoowy。
それから25年、やっと生のBoowyが聞けた!
そう思った時、涙が溢れていました。
 
その後、Boowyの曲と氷室のソロの曲を織り交ぜ、何度かアンコールがあって、最後の曲「B-BLUE」
 
BoowyのLAST GIGSは「B-BLUE」から始まりました。
LAST GIGSはB-BLUEで始まり、B-BLUEで終わったわけです。
 
最高の思い出をありがとう!そしてお疲れ様でした!!
 

氷室京介のオールキャリア・ベストアルバム「L’EPILOGUE」が発売!

2016年4月16日 / 未分類

氷室京介のラストライブ「LAST GIGS」が4/23(土)から始まります。

このラストライブに先駆け氷室京介のオールキャリア・ベストアルバム「L’EPILOGUE」が発売されました。

 

このアルバムは氷室のソロの曲はもちろんのこと、BOOWY時代の氷室作曲の楽曲も含まれており、さらにこれらBOOWYの楽曲は再度レコーディングし直したものなので、必聴の一枚になってます。

 

また購入特典として、あのBOOWY時代の名曲「シンフォニック」の再レコーディングバージョンをダウンロードすることができます。

ライブ版に比べテンポが少し遅いですが、良い音質で聞けることはとても嬉しいです。

 

FUNNY-BOYは氷室が作曲していたんですね、、布袋だと思ってました。

 

LAST GIGSに向けてCDを聞きこんで、ばっちり準備をしていきたいと思います。

最近の氷室と布袋

2015年6月29日 / 未分類

ヒムロックは前回お伝えしたとおり、2016年春にリベンジライブをやるよ!と公式サイトでもアナウンスがありました。

 

あれから4ヵ月。

 

公式サイトをチェックしても、何も動きがありません。。

会場確保など水面下では動きがあると思うのですが、なかなか情報が表に出てきませんね。

 

一方の布袋さんは、2014年のツアーDVDが発売になりました。

DVDに収められているBOOWYの曲は「Bad Feeling」のみでした。

 

氷室ックが引退したら、BOOWYの曲を生で聴く機会があるのは布袋さんだけです。(まこっちゃんや常松を除き。。)

なので、まだライブを続けている布袋さんのライブに行こうかな、と思う今日この頃です。

 

リベンジライブに1曲だけ布袋さんがゲスト出演してくれないかな~。

氷室のファイナルライブは2016年春に決定!

2015年3月15日 / 未分類

先日、氷室の最終公演に行ってきたのですが、落雷と氷室の肋骨骨折により、十分なライブができなかったということで、氷室本人から「リベンジ」させてくれ、とのコメントを残してライブは終わりました。
 
そして、その「リベンジ」が遂に始まります!
 
氷室の公式ホームページによると、2016年春に行われるそうです。
 
日程や場所などは今のところ未定ですが、ライブで演奏される曲目はファンからの投票で決めるという噂が流れています。
 
リベンジライブでは、布袋との共演もありうるか?という憶測もありましたが、曲目がファン投票によって決まるとなると、共演は難しいのでは?という意見もあります。
 
しかし、私の意見ではファン投票となる対象がCDで発表されたものだけに限定されるのか、または過去のライブで演奏されたものも含まれるかが大事なポイントだと考えています。
 
ライブ演奏曲も可であれば、BOOWYの曲も数多く演奏しているので、布袋との共演も可能性としては0ではなくなります。
 
ファン投票の詳細が発表される日がとても待ち遠しいです。
 

氷室の最終公演に行ってきました!

2014年7月23日 / 氷室京介

今年の3月からスタートした25周年記念ツアーの最終公演に行ってきました。

最終公演は、横浜スタジアムの2daysで、その2日目に行きましたので、本当の最終日です。

その日は、17:00開演にもかかわらず、17:00になってもまったく始まる気配がありませんでした。

しばらくすると、場内アナウンスが流れ、これからメモリアル映像を流しますということで、氷室のファーストアルバムから今までの曲を流すとともに、ライブのスナップショットが画面に映し出される、というものでした。

この画面映像には、たまに氷室の子供時代ややんちゃな高校時代の写真が映され、会場がどよめきました。

そして、開演から1時間も過ぎた18:00過ぎにやっとライブ開始。

ライブのセットリストは前日分のがネットに流れていたので、把握していました。

アンコールが2回。

実は私は、この25周年記念ツアーは2回目で、1回目は千葉の市原で行われたライブにも行っています。

その時は、アンコールが1回だけでしたが、今回は2回。

素直に嬉しいですし、1回目では聞けなかった曲もやるので期待はとても大きかったです。

さて、ライブが中盤に差し掛かると、遠くの空が光り出しました。

雷です。雨が心配でしたが、まだ降ってはいません。

またこの日は山下公園の花火がある日で、遠くの稲妻と花火をスタンドから一緒に観れるロケーションでした。

ライブのステージの演出と、稲妻と花火。

氷室の引退ライブとしては申し分ないシチュエーションです!

ライブの後半になりました。

この曲が終わると、あとはアンコールに続きます。

そんな時に、雨がかなり降ってきました。

雷もかなり近くで鳴り、結構怖いです。

アンコール前の最後の曲が終わり、氷室とバンドメンバーは一旦ステージ裏に戻ります。

そして、アンコールをしようと思った矢先、場内アナウンスが。。

「雷により、一時ライブを中断します」

なんつっ!

まあ、しょうがないので渋々スタジアムの屋内に退避。

1時間後、雨が少し落ち着いたタイミングでライブ再開。

再開に際して氷室から報告がありました。

実は昨日のリハーサルで転び胸を激しく打って、病院に行ったら肋骨が折れている、とのこと。

ベストな状態で歌えないことを許して欲しい、とも言っていました。

結果として予定していたアンコール2回は、1回だけでお決まりの「Angel」を1曲歌ってライブは終了となりました。

ライブ終了後、氷室からリベンジさせてくれ、と言っていたので再ライブ招待を期待しています!

なのでライブの半券は大事にしまってあります♪

以上、ライブ報告でした!

氷室京介ライブ引退宣言!

2014年7月14日 / 未分類

なんと氷室京介が、ライブを引退する、と電撃発表しました。

多くのファンがこの事実を受け止めることができていないと思います。

ただ氷室の性格をよくご存じのファンの方なら、引退の撤回や再開が無いこともわかるので、ただただ残念だと思います。

氷室は現在50代ですが、60代になってもライブ活動を続けているアーティストもいるので、なぜ?という気持ちが個人的には強いです。

つい先日氷室のライブに行ってきた私としては、氷室の言う納得のいくパフォーマンスをあげることができないというコメントに対し、十分にハイパフォーマンスを発揮していたと思うのですが。。

まあ、とにかく氷室の性格上、一度口にしたら撤回はないので、あと数回のライブで終わりです。

今話題となっているのは、最後のライブで布袋と共演するのか?ということです。

私も含めBOOWYファンは、ぜひ実現して欲しいところですが、氷室ファンとしては今までずっとソロを貫いてきたんだから、最後まで貫き通して欲しいという意見が多いようです。

共演する、しないにかかわらず、最終公演は絶対に行きたいと思います!

YAMAHA SPX-90をとうとうゲットしました!

2014年4月17日 / アーリーリフレクションを搭載しているエフェクター

SPX-90

 

念願のSPX-90を手に入れました!

 

ヤフオクで5,010円で落札です。

定価が99,800円であることを考えると、とってもお買い得でした♪

 

さっそく「ファーン」をやりまくるぞ!と意気込んでいますが、実際に使ってみて何点か気になる点を3点書きます。

 

  1. このブログでも書いていますが、電池が内臓式(ハンダで固定)のため、電池が無くなった場合、電池交換ができない。電池が無いと自分で設定したパラメータ値は保存されないので、実質SPX-90にもともと設定されている音しか使えない。
  2. 1985年に発売され、かれこれ30年近く経っているので、出力が弱く音が小さい。
  3. そもそも「ファーン」は効果音的に使用するため、常にエフェクトをONにはしない。そのため、フットスイッチが必須。

 

1.に関しては、こことか色々なサイトで説明されていますが、自分で交換しているようです。今のところ私はプリセットされている音で満足しているので、交換は考えていません。

 

2.については、対策をちょっと考えます。

 

3.は専用のフットスイッチを買う予定です。SPX-90の専用フットスイッチはYAMAHA FC-5です(下の写真)。今でも販売していますよ。1,500円くらいです。
 

氷室京介のライブに行ってきました!

2014年4月5日 / 氷室京介

氷室京介のライブ、<KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR>

「GREATEST ANTHOLOGY -NAKED-」に行ってきました!

 

えらい長いライブタイトルですが、言わずと知れたBOOWYのボーカリスト、ヒムロックの25周年記念ライブです。

 

私が行ったのは、3/15(土)に市原市市民会館で行われた、このツアーの第1回目の公演です。

 

いやー、実はヒムロックのライブを見に行くのは今回が生まれて初めてで、BOOWYの頃から憧れていた人を生で見れたというのは、とても感動しました。

 

このツアー前に、氷室の25周年記念ベストアルバムが発売されました。

当然、ライブツアーも同じ25周年記念の名前でしたので、このアルバムの中の曲がライブで演奏されるのだろうと思っていたわけです。

 

私はBOOWYばかりを聞いており、ソロになってから氷室の曲をあまり聞いていないため、ほとんど氷室の曲を知りません。

ですので、このベストアルバムを事前に聞いてライブに備えたわけです。

 

 

ところが、いざライブに行ってみると、あれ、ほとんど知らない曲だ。。

 

はい、ツアーで演奏された曲は、ベストアルバムとほとんど関係のない選曲でした。。

 

曲間のMCで氷室が、25年間ソロをやってきた中で、お気に入りの曲を今日はやります!って言ってました。

 

じゃあ、ベストアルバムは何なんだ!!

 

ということで、少し不完全燃焼なライブでした。

でも、ヒムロックはすっごくカッコよかったですよ♪

BOOWYの音作りについて

2014年2月22日 / BOOWYサウンドの特徴

BOOWYの音作りと一言で言っても、スタジオ録音やライブ音源などBOOWYの奏でる音、特に布袋さんのギターの音は様々です。

 

多くの人がBOOWY時代の布袋さんのギターの音を再現したいということで、色々試行錯誤されていると思いますが、目指す音として「CASE OF BOOWY」と「LAST GIGS」を目標としている人がたくさんいます。

 

かく言う私も、LAST GIGSの時のギターの音を再現できたらいいなぁと思っている一人です。

 

幸いなことに、CASE OF BOOWYの機材リストは公表されており(※各エフェクターのパラメータ値まではわかりませんが。。)、同じ機材を用意すれば、理論上同じ音を再現できるはずです。⇒yahoo知恵袋

 

しかし、冷静に考えてみると、布袋さんの使用していた機材はその当時最新だったもので、今となっては30年も前の機材ということになります。

 

仮にまったく同じ機材を今手に入れても、30年という時間の経過により機材は劣化し、同じ音が出るとは考えにくいと思います。

 

なぜそう思ったかと言うと、最近私はマリオネットのソロの時に鳴る、ファーンという音(アーリーリフレクション)を出したいがために、念願のSPX-90をヤフオクでゲットしました!

さっそくワクワクしながら試したところ、あれっ、音が小さい。。

マスターレベルを大きくしてもかなり音が小さいのです。

おそらく先ほど書いたとおり、経年劣化による出力レベルの低下かと思います。

 

このような経験から、同じ機材を用意してもまったく同じ音を再現できるわけではないな、としみじみ思いました。

 

とはいえ、同じ機材であれば当時に近い音も出せると思いますし、当時の機材を研究することで、今現在の最新の機材で同じ特性の音が出せれば、ライブ音源の再現は可能だと思います。

 

あいにく私はエフェクターの特性についてあまり詳しくないので、どこまで研究できるかわかりませんが、いつか最新の機材で布袋さんのギターの音が再現できたらいいなぁと思っています。

 

 

 

タグ: , , ,

布袋モデルのZO-3

2014年2月3日 / ZO-3

zo-3

 

布袋モデルのZO-3って知ってますか?

 

布袋モデルのZO-3とは、あの幾何学模様で有名な布袋さんのギターとアンプ内蔵型ギターのZO-3を合体させたものです。

 

アンプ内蔵型なので、これ一本だけで大音量で演奏することができます。

花見やバーベキュー、カラオケや飲み会など色々な場所で重宝しますね^_^

 

通常のZO-3と何が違うかというと、音や弾き易さは、普通のZO-3と変わらないようです。。

実はこの布袋モデルのZO-3、もう販売していないんですよね。。

 

すでに販売受付は終了していますが、http://www.hotei.com/zo-3/で2009年の半年間、販売受付をしていました。

僕もインターネットで、一目見た時から手に入れたいと思っているのですが、今ではオークションで手に入れるしかありません。

 

さきほどお話したとおり、見栄え以外は普通のZO-3と変わらないようなので、普通のZO-3を安く手に入れて、布袋模様にペイントするのもアリかもしれませんね!

 

⇒ヤフオクで格安ZO-3を探してみる

タグ: , ,

TOPへ戻る