「2014年02月」の記事

BOOWYの音作りについて

2014年2月22日 / BOOWYサウンドの特徴

BOOWYの音作りと一言で言っても、スタジオ録音やライブ音源などBOOWYの奏でる音、特に布袋さんのギターの音は様々です。

 

多くの人がBOOWY時代の布袋さんのギターの音を再現したいということで、色々試行錯誤されていると思いますが、目指す音として「CASE OF BOOWY」と「LAST GIGS」を目標としている人がたくさんいます。

 

かく言う私も、LAST GIGSの時のギターの音を再現できたらいいなぁと思っている一人です。

 

幸いなことに、CASE OF BOOWYの機材リストは公表されており(※各エフェクターのパラメータ値まではわかりませんが。。)、同じ機材を用意すれば、理論上同じ音を再現できるはずです。⇒yahoo知恵袋

 

しかし、冷静に考えてみると、布袋さんの使用していた機材はその当時最新だったもので、今となっては30年も前の機材ということになります。

 

仮にまったく同じ機材を今手に入れても、30年という時間の経過により機材は劣化し、同じ音が出るとは考えにくいと思います。

 

なぜそう思ったかと言うと、最近私はマリオネットのソロの時に鳴る、ファーンという音(アーリーリフレクション)を出したいがために、念願のSPX-90をヤフオクでゲットしました!

さっそくワクワクしながら試したところ、あれっ、音が小さい。。

マスターレベルを大きくしてもかなり音が小さいのです。

おそらく先ほど書いたとおり、経年劣化による出力レベルの低下かと思います。

 

このような経験から、同じ機材を用意してもまったく同じ音を再現できるわけではないな、としみじみ思いました。

 

とはいえ、同じ機材であれば当時に近い音も出せると思いますし、当時の機材を研究することで、今現在の最新の機材で同じ特性の音が出せれば、ライブ音源の再現は可能だと思います。

 

あいにく私はエフェクターの特性についてあまり詳しくないので、どこまで研究できるかわかりませんが、いつか最新の機材で布袋さんのギターの音が再現できたらいいなぁと思っています。

 

 

 

タグ: , , ,

布袋モデルのZO-3

2014年2月3日 / ZO-3

zo-3

 

布袋モデルのZO-3って知ってますか?

 

布袋モデルのZO-3とは、あの幾何学模様で有名な布袋さんのギターとアンプ内蔵型ギターのZO-3を合体させたものです。

 

アンプ内蔵型なので、これ一本だけで大音量で演奏することができます。

花見やバーベキュー、カラオケや飲み会など色々な場所で重宝しますね^_^

 

通常のZO-3と何が違うかというと、音や弾き易さは、普通のZO-3と変わらないようです。。

実はこの布袋モデルのZO-3、もう販売していないんですよね。。

 

すでに販売受付は終了していますが、http://www.hotei.com/zo-3/で2009年の半年間、販売受付をしていました。

僕もインターネットで、一目見た時から手に入れたいと思っているのですが、今ではオークションで手に入れるしかありません。

 

さきほどお話したとおり、見栄え以外は普通のZO-3と変わらないようなので、普通のZO-3を安く手に入れて、布袋模様にペイントするのもアリかもしれませんね!

 

⇒ヤフオクで格安ZO-3を探してみる

タグ: , ,

TOPへ戻る